ms185


被害者の声





































乗っ取りに必要な情報

モンストの引き継ぎは、XFLAG ID登録時のメールアドレスとパスワード、モンストのゲームIDの3点が必要となりますので、取り扱いには厳重に注意しましょう。
言い換えれば、この3点の情報さえあれば容易に乗っ取られてしまうということです。
また、端末を他人が触れる状況を作ってしまうとバックアップを上書きされ、アカウントを奪われかねません。
なるべく端末を肌身離さず持ち歩き、自分以外の人に触らせないように御用心下さい。


データ復旧の悪用

復旧には以下の本人特定情報を「データ復旧希望フォーム」に記入して申請します。

①データ復旧を希望するアカウントのID
②最後に利用していたニックネーム
③最後に利用していたときのランク
④最後にログインした日時
⑤モンストに招待されたユーザーのアカウントID
⑥所持しているレア度5以上のプレミアムガチャモンスターの名称とわくわくの実の組み合わせを3体
⑦フレンドだった方のアカウントIDを3つ
⑧所持している全ての「運極モンスターの数」と、その「モンスター名」
⑨プレミアムガチャで手に入れたレア度5以上のモンスターを新しいものから順に2体
プレミアムガチャで最初に手に入れたレア度5以上のモンスター
⑪最後に所持していたオーブの個数
⑫モンスターストライクのご利用を開始された年と月

ただし、これは全て記入しなくても申請が通るという報告はあります。
Twitter等SNSでモンスターBOXやガチャ画像を公開していたり、モンスト語りをされてる方は悪用される可能性があるので要注意です。
運極報告、わくわくの実報告も危ないかもしれませんね。
そして一番気をつけなくていけないのは、悪い人に「アカウントID」を知られてしまうことです。


代行業者、RMTに注意

運極代行、覇者の塔や禁忌の獄を本人の代わりにクリアしてくれる代行業者がいます。
代行業者にアカウントを預けてしまうのは非常に危険です。
時給換算して割に合わないような安価代行サービスであれば、乗っ取ったアカウントを販売することを画策している可能性があります。

そして、運営が履歴を見ればその痕跡を特定されてしまうおそれがあります。
業者委託は規約違反になりますので、発覚した時点でアカウント停止は免れません。
利用規約の第11条「本サービス内のコンテンツ・アプリ内通貨などを現実の通貨での売買を目的としてする一切の行為」「本サービスの内外を問わず、営利を目的として利用する行為」に抵触します。

いわゆるRMT(リアルマネートレーディング)ですね。
お金を払った時点でアウトですし、第三者にアカウントの権利譲渡する行為も規約違反になります。





乗っ取られた際の対処法

まずは運営に申告しましょう。
課金時の購入履歴があれば、領収書の日付や金額から本人だと証明することが出来るかもしれません。
また、RMTの類を利用したことがなければ、警察に被害届を提出し、その旨を運営へ報告すれば解決しやすい場合があります。
アカウント乗っ取りは不正アクセス禁止法違反でれっきとした犯罪です。





管理人コメント

こわいなーとづまりしとこ…